商品の改善

お客様の満足は、商売を行う側としては非常に重要なものです。満足してもらうといっても実際に商品に対して満足しているかどうかということは聞いてみないことには分からないものです。 店舗の片隅にアンケートが置かれていたり自社で顧客満足を調査しようとする会社も多いのですが、会社で満足度をどのくらい把握しているかはわからないものです。 お客様の中には不満を抱えていても、それを会社に訴える人は少ないものです。その反対に、クレーマーと言われる人もいるのです。 どちらの人も顧客としてどのくらい不満や意見を持っているのか、会社では調査をして把握していくことが大事になってくるのです。 顧客満足を調査することで、今までの顧客も、新規の顧客に対しても満足してもらえる商品が開発されるようにならなければいけないのです。

顧客満足の調査の仕方は商品を購入した人の満足度の調査と、顧客に対する対応の満足度の調査の二通りがあります。 顧客の中には、商品はとても満足しているのに店員に満足できずリピーターにならないということがあるのです。 顧客満足調査で気をつけることは、アンケートを出した場合に回収ができることが大切です。アンケートする人のプライバシーなどが漏れないようにすることに気をつけなくてはいけないのです。 個人情報の取り扱いとアンケートの内容は自社だけで取り扱うということをきちんと伝える必要があります。 アンケートは、大体、非常に満足、満足、どちらでもない、不満、非常に不満などの5項目に分けて質問します。 質問内容は会社の経営者の中で考えます。アンケートの活用に仕方などどうすればいいのか分からない場合には、調査会社やプロのマーケティングなどに依頼する方法もあります。